歯列矯正に最適な時期

TSK齿科

| |

News & Topics

News&Topics

歯列矯正に最適な時期
点击:      信息来源:TSK

欧米などの先進国では、歯の健康を重視しており、美しい白い歯はマナーであり、美しさの基本条件だと考えられています。では歯列矯正には年齢制限はあるのでしょうか。この問題についてご紹介します。

歯列矯正のもっとも良い時期は男の子では12歳くらい、女の子では11歳くらいの時期です。この時期が歯列矯正に最高の時期なのです。この時期には乳歯の生え変わりが終わり、顎もこれから成長するための力と持っており、より良い整形の効果が得られ、歯列を矯正した後も正常に生長することができます。

歯列矯正に最もいい年齢はお子様の歯とあごのタイプによって3つの段階があります。
 

乳歯の段階(4〜5歳)

この時期は主に乳歯の反対咬合(受け口)に適用します。早期治療は上あごの発育に役立ち、永久歯でのあごが張った状態を予防することができます。もしお子様に舌を出す、下唇を噛むなどの癖がある場合には、この段階で矯正し、顎の良くない発達を予防しましょう。

生え変わりの時期(女の子:8〜10歳、男の子:9〜12歳)

生え変わりの時期にお子様の下唇を噛む、舌を出す、下あごが前方にずれるなどの良くない習慣や、顔の形や歯列の異常を見つけたら、すぐに矯正の専門医で検査をしてください。歯の性質、功能、骨から来る畸形などに応じて適切な治療プランをご紹介できます。

すべて永久歯に変わった後(女の子:11~14歳、男の子:13~15歳)

この時期にはお子様の歯も生え変わりが終わり、基本的に骨格が安定します。よくある顎の畸形はこの段階でも治療することができます。

  
歯列矯正後の日常的なケア

1、食後には水かお茶で口を漱ぐ

口の中には大量の微生物が存在しますが、歯を守るための最高の方法は、やはり毎食後の歯磨きです。口の中の多くの畸形の原因は細菌の存在にあります。もし歯磨きがよくできておらず歯の間に食品が残っていると、細菌が大量に増殖し、虫歯や歯周構造の炎症が起きて、歯列矯正の工程に影響が出てしまいます。もし食後の歯磨きが大変ならば、水かお茶で口を濯ぐだけでもしてください。

2、口の中を清潔に保つ

歯列矯正器は粘着材で歯に接着しており、歯に圧力を加えて理想的な位置に動かすものです。矯正用の歯ブラシを用い、柔らかく、ゆっくりと3分から5分間は磨きをしましょう。歯列矯正の患者には口の中の清潔が必要です。

3、固いものを食べない

歯科医師の指示を守るほか、矯正器に気をつけてケアをしてください。大きいものを食べる時には小さく切ってから食べたりするようにしましょう。矯正器のパーツがとれてしまったりすると、全体の工程が順調に進まなくなってしまいます。固いものを食べる時にも気をつけましょう。

4、間食を減らす

お菓子を食べる数を減らしましょう。特にガムに気をつけてください。お子様の歯列矯正の際は、ご両親が特に気をつけて、お子様に歯科医の言ったことを守るようにさせてください。決まった時期に病院へ行って検査をし、銅線やゴムなどを取り替えます。ガムが矯正器に付着するとなかなか取ることができません。矯正の途中で間違いがあると理想的な矯正結果を得ることができません。

5、べたつく食品を食べない。

肉類などではナイフを用いたり、あるいは手でちぎって小さくして、骨などの固いところを取り去ってから食べましょう。直接かじったりしないでください。べたついた食べ物は食べないでください。

文/高島屋診療所院長 石司敏雄

TSKの外国籍歯科医、日本美容歯科学会会員、日本歯科修復学会会員、日本小児歯科学会会員、日本インプラント学会会員、福岡歯科大学卒、歯科博士。 20年以上にわたる臨床経験を持つ歯科全般の歯科医。高い技術を持ち、インプラント、矯正、審美歯科、一般歯科に秀でている。