TSK齿科

| |

News & Topics

News&Topics

インプラントで快適な生活を取り戻しましょう
点击:      信息来源:TSK
歯の健康は快適な生活を送るうえで必要不可欠です。歯を悪くし、抜けてしまうなどすると多くの健康被害を誘発することになります。
 
まず、咀嚼効率が下がることで栄養の摂取が困難になります。他にも、滑舌の悪化や老け顔など外見的な問題は勿論のこと、消化器官の障害や循環器疾患など命に係わる深刻な問題を引き起こす可能性があるのです。
 
「病は口から」とはよく言ったものですね。インプラント治療は現在のもっとも理想的な治療法として、歯を失った患者様の健康で快適な生活を保障します。
 
インプラントは安心安全、見た目も本物の歯とうり二つ
 
インプラントは一種の入れ歯です。簡単に説明すれば、歯が失われた部分の顎の骨にインプラント体と呼ばれる基礎部分を植えこみ、その上に個々人に合わせて設計され削り出された人工歯を装着することで咀嚼力を回復する歯科治療法を「インプラント」と呼ぶのです。
 
インプラントの素材は骨に埋められる基礎部分と、表面に露出する「歯」の部分に大別されます。「歯」の部分はお客様の好みなどに合わせて自在に設計できるのですが、基礎部分には厳格な規定があります。
 
基礎部分の主原料はチタンで、耐摩耗性・耐腐食性に優れ、人体に有害な副作用を引き起こすことなく体内で安定して効果を発揮し続けます。このことから、チタンは人工関節人口の心臓弁膜、さらにはペースメーカーなど幅広く応用され用いられています。
 
安定した基礎部分により、インプラントはもともとの健康な歯と遜色のない役割を果たし、違和感のない快適な口腔環境を取り戻します。また、温度感覚や味覚を阻害することもなく食事を愉しむことができます。
 
インプラントは非常に安定していて、着け心地も快適
 
インプラントは従来の入れ歯とは異なり、隣り合う歯に固定したりなどする必要がないために「異物感」が少なく、その着け心地は患者様がしばしば自らがインプラントを入れていることを忘れてしまうほどです。
 
また、インプラントは隣の歯との間に隙間ができにくく、見た目も自然で、耐久性にも優れています。それに加え、従来の入れ歯のように隣り合う歯を傷つけることもないので、残った自然歯の健康を守ることにもつながります。このため歯科医の多くがインプラント治療を最良の治療法だと認識しています。
 
徳真会では、顧客に対し‟一対一”の誠意ある対応とアフターサービスを徹底しております。術前の丁寧な検査と入念な設計、さらに術後の定期的なアフターケアがあって初めて、インプラントはその真価を発揮するのです。
 
【 宮川一平 】
 

 
平成13年日本歯科大学歯学部歯学科卒業
日本歯科大学歯学部歯学科学位取得
平成13年〜平成16年 都内を中心に審美歯科、インプラント等中心に臨床習得
平成15年〜平成16年 神奈川県医療法人桜城会院長
平成16年〜      みや歯科医院開院院長 デンタルコンセプト21インプラント学会会員
平成23年〜      TSK虹橋医院勤務 みや歯科医院院長
 
TSK歯科虹橋診療所
上海興義路8号万都商城3楼(仙霞路、遵義路)
営業時間:予約制 10:00-20:00(週末も診察、国定休暇は休み)